所掌していた業務

小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月10日、日本振興銀行が前触れもなく破綻したのです。この破綻によって、ついにペイオフ預金保護)が発動して、全預金者のうちの3%程度ながらも数千人を超える預金者の預金が、上限適用の対象になったと推計されている。
平成10年6月、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等の所掌していた業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関するもののセクションを切り離して、旧総理府の内部部局ではなく外局のひとつとして金融監督庁(現金融庁)をつくりあげたという。
つまり金融機関の格付け(ランク付け)の解説。信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関だけではなく社債などを発行している会社についての、信用力(支払能力など)を一定の基準に基づいてできるだけ公平に評価しているのである。
重要。「金融仲介機能」「信用創造機能」および「決済機能」以上、3機能のことを銀行の3大機能と称することが多く、基本業務である「預金」「融資(貸付)」「為替」あわせてその銀行の持つ信用力によってはじめて機能していることを知っておいていただきたい。
そのとおり、第二種(一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者が独自のファンドを発売し、運営するには、とてつもなくたくさんの「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が事細かに定められています。
ほとんどのすでに上場済みの企業であったら、運営の上で、資金調達が必要なので、株式に加えて合わせて社債も発行するのが普通。株式と社債の最大の違いとは、返済する義務があるかないかです。
平成20年9月のこと。アメリカで格付けAAAの投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったというニュースがアメリカから発信された。このことが歴史的金融危機の引き金になったことからその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのが由来。
預金保険機構(1971年設立)が預金保護のために保険金として支払う補償額の限度は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円"なのである。預金保険機構に対しては日本政府だけではなく日銀ならびに民間金融機関全体の三者ががほぼ同程度の割合で
知らないわけにはいかない、バブル経済(世界的には金融資産が増えた近代から頻繁に見られている)の意味は不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産がでたらめな投機により実際の経済の成長を超過してもなお継続して高騰し、ついに投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態。
つまりMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や短期金融資産などの運用で利益を得る投資信託というものです。万が一、取得からすぐ(30日未満)で解約するような場合、残念ながら手数料にペナルティが課せられることを忘れてはいけない。
千代田区に本部を置く日本損害保険協会は、日本国内の損害保険業、そして協会員の正しく適切な発展、加えて信頼性のさらなる前進を図り、これによる安心さらに安全な社会の実現に関して寄与することを協会の目的としているのだ。
【解説】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で主に運用される投資信託のことを指す。注意:取得からまもなく(30日未満)に解約するような場合、その手数料にペナルティが上乗せされるというものです。
【解説】株式の内容⇒社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、企業は出資されても法律上は購入した株主に対して出資金等の返済に関する義務は負わないから注意を。合わせて、株式の換金方法は売却によるものである。
これからも日本国内のほとんどの金融グループは、広く国際的な規制等の強化までも見据えた上で、経営の強化や企業同士の合併・統合等を含む組織の再編成などに活発な取り組みが行われています。
格付けによるランク付けのすばらしい点は、難しい財務資料から財務状況を読み取ることができなくても格付けされた金融機関の経営の健全性が判断できる点にあるのだ。ランキング表で健全性を比較することも可能なのである。