当時の総理府

預金保険機構(1971年設立)が預金保護のために保険金として支払う補償の最高額は"当座預金など決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円以内"なのです。この機構は政府だけではなく日本銀行さらに民間金融機関全体の三者がが出資しています。
平成10年6月に、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等の所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務を分離することで、当時の総理府の新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)としてこれまでになかった金融監督庁を設けたわけです。
15年近く昔の平成10年6月、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係る部分のセクションを分離・分割して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく強力な外局として新組織、金融監督庁が設けられたという歴史がある。
今後、安定という面で魅力的というだけではなく活気にあふれた他には例が無い金融システムを誕生させるためには、どうしても銀行や証券会社などの民間金融機関と政府がお互いの解決するべき問題に精力的に取り組んでいかなければいけない責任がある。
一般社団法人 日本損害保険協会は、日本国内の損害保険業界の正しく良好な発展、加えて信用性の前進を図り、これにより安心・安全な社会の形成に役立つことを協会の目的としているのです。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会、ここでは協会員である国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の行う株券や債券など有価証券に係る取引(売買等)を公正で円滑なものとし、金融商品取引業界全体の堅実なますますの振興を図り、投資してくれた者の保護を事業の目的としているのだ。
覚えておこう、外貨両替って何?海外を旅行するとき、その他手元に外貨を置いておきたい人が利用します。ここ数年、日本円に不安を感じた企業等が、現金で外貨を保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)というものです。注意:取得ののち30日未満に解約した場合、残念ながら手数料にペナルティ分も必要となることになる。
知らないわけにはいかない、バブル経済(世界各国で発生している)とは何か?市場価格の動きが大きい資産(例えば不動産や株式など)の市場価格がでたらめな投機により実経済の成長を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態である。
よく聞くMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や短期金融資産などで運用する投資信託のことを言うのである。注意:取得ののち30日未満に解約してしまうと、手数料になんと罰金が上乗せされるというものです。
金融庁が所管する保険業法の規定により、いわゆる保険企業は生命保険会社もしくは損害保険会社に分かれた。いずれの会社も内閣総理大臣による免許を受けた者を除いて実施できないということ。
【解説】外貨MMFとは何か?日本国内であっても売買可能な外貨商品の名前。一般的に外貨預金よりも利回りがよく、為替変動によって発生した利益が非課税だという魅力がある。証券会社で購入しよう。
きちんと知っておきたい用語。外貨預金⇒銀行が扱っている外貨商品の一つの名称であって外国の通貨によって預金をする事です。為替の変動によって発生した利益を得られる反面、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。
ですから安定という面で魅力的であり、バイタリティーにあふれた金融市場や取引のシステムの構築を実現させるためには、どうしても銀行や証券会社などの民間金融機関とともに行政(政府)が両方の立場から解決するべき課題に積極的に取り組まなければ。
麻生内閣が発足した平成20年9月15日のことである。アメリカの最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが突如破綻したのである。このことが歴史的な世界的金融危機のきっかけになったためその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのです。