売却益が自動振替

【解説】保険:突然起きる事故が原因の主に金銭的な損失を最小限にするために、賛同する多数の者がそれぞれの保険料を出し合い、集めた資金によって予測不可能な事故が発生した者に掛け金に応じた保険給付を行う仕組みなのです。
最近増えてきた、スウィーブサービスはどんな仕組み?銀行の預金口座と同一金融グループの証券取引口座、この間で、株式等の購入資金、売却益が自動振替される便利なサービス。同じ金融グループによる優良顧客を囲い込むための作戦ということ。
未来のためにも日本国の金融機関は、広くグローバルな金融規制等(市場や取引)の強化も考えて、財務体質等の一層の強化、さらには合併・統合等を含む組織の再編成などに活発な取り組みが始まっています。
銀行を意味するバンクという単語は実という単語はbanco(イタリア語で机、ベンチ)が起源である。ヨーロッパでもっとも長い歴史を持つ銀行には驚かされる。600年以上も昔の西暦1400年頃に富にあふれていたジェノヴァで生まれ、領土の統治にも関与していたサン・ジョルジョ銀行なのである。
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債であったり短期金融資産で主に運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことを言います。注意が必要なのは、取得から日をおかず(30日未満)で解約した場合、なんと手数料にペナルティ分も必要となるというルール。
FX(エフエックス):簡単に言えば、補償金をもとに外国の通貨を売買して証拠金の何倍もの利益を出す取引なのである。ほかの外貨預金や外貨MMFに比べても利回りが高いことに加え、為替コストも安いというのがポイントである。興味があれば証券会社やFX会社を選ぶことからスタートしよう。
預金保険機構(DIC)が預金保護のために保険金として支払う補償額の上限は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円以内(但し決済用預金は全額)"までである。同機構に対しては日本政府、日銀ならびに民間金融機関全体の三者ががそれぞれ3分の1ずつ
いわゆるバブル経済(economic bubble)っていうのは時価資産(例:不動産や株式など)の市場価格が無茶な投機により実経済の成長を超過してもなお高騰し続け、最後は投機による下支えができなくなるまでの経済状態のことである。
そのとおり「重大な違反」、またはそうではないのかは、監督官庁である金融庁で判断することなのです。たいていのケースでは、軽微な違反が多くあり、その効果で、「重大な違反」評価をされてしまう。
【解説】金融機関の格付け(能力評価)について。信用格付機関が金融機関、国債を発行している政府や、社債を発行している企業の持つ、債務の支払能力などの信用力を一定の基準に基づいて公平・中立的に評価するのだ。
麻生内閣が発足した2008年9月のことである。アメリカの有数の投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったことに全世界が震撼した。この事件が歴史的な世界的金融危機のきっかけになったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのが理由。
認可法人預金保険機構預金保護のために保険金として支払う補償額の上限は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円"です。この機構は政府及び日銀合わせて民間金融機関全体の三者がが出資しています。
そのとおり「失われた10年」が指すのは、ある国そのものの、もしくは一定の地域の経済が約10年程度以上の長期間に及ぶ不況、併せて停滞に襲い掛かられた10年を意味する語である。
いわゆる「金融仲介機能」「信用創造機能」および「決済機能」の3つの機能のことを銀行の3大機能と言うのである。この機能は銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」、最後にその銀行自身の信用によってこそ実現されているのです。
平成10年12月のことである、総理府(当時)の外局として国務大臣をその委員長にするとされている新たな機関、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(金融庁)は平成13年1月の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管理下に2年余り位置づけられたのだ。

夢ばかりみて熟睡できない

広告を非表示にする